Zローションの成分

副作用の危険性は?Zローションの全成分効果と危険性を徹底解析!

 

こちらのページではZローションの成分についてまとめていきます。果たして副作用の心配はない、安全な商品なのでしょうか?

 

いくら効果のある抑毛ローションとは言え、肌荒れを起こしてしてしまったら大変…。

 

と言うことで、当サイトの方で各成分の持つ効果から副作用の危険度まで徹底的にリサーチしてみましたので、ぜひ購入前にチェックみてください。

 

 

成分名 効果
ウコン根 しわやたるみが生じるのを防ぐ効果があり、保湿効果も高いです。
キンギンカ花 スイカズラの花のつぼみを乾燥させたもので、皮膚疾患に用いられています。
エタノール 皮膚を消毒する作用があります。
グリセリン 保湿効果が非常に高い成分です。
ジグリセリン グリセリンと同じように保湿効果がありますが、よりサラッとした感触です。
BG 肌の潤いを保ちます。また、菌の増殖を予防します。
カルボマー 増粘作用を得るために用いられる成分です。
PEG60-水添ヒマシ油 香料などを溶かしこむ目的で使用されている非イオン性界面活性剤です。
フェノキシエタノール 微生物の増殖を防ぐので、品質保護にお役立ちます。
メチルパラベン 防腐効果の高い成分です。
水酸化K pH調整剤として用いられることが多いです。
メントール 鎮静作用や細胞の活性化、肌の引き締めに役立つ、清涼感が特徴的な成分です。
グリチルリチン酸2K 抗炎症作用があります。
マンニトール 医学的な目的で利用されることも多い成分。爽快感も得られます。
スペアミント油 頭をクリアにさせ、心を落ち着かせてくれる作用があります。
黒砂糖エキス 乾燥やシミ・しわ・アレルギー・肌のかゆみ等に効果的な成分です。
カンゾウ根エキス 抗炎症・抗アレルギー作用に優れ、美白にも効果的です。
加水分解酵母エキス 保湿効果・美白効果があり、傷ついた皮膚の細胞を修復します。
グリシルヒザインフラタ根エキス 肌のコンディションを整える成分です。
ヨクイニン ハトムギの種子の部分のことであり、肌の水分代謝を促進します。
シソ葉エキス 保湿効果や抗炎症作用とともに、バリア機能を改善し、美白をもたらします。
オイスターエキス 疲労回復効果やストレス改善効果が期待できます。
キウイエキス 美白や保湿に働きかける成分です。
ローズマリー葉エキス 肌を収れんし、抗炎症・抗酸化作用に優れています。
レモン果実エキス 収れん作用、保湿作用とともに細胞を活性化させる力もあります。
オランダガラシエキス 血行を促進し、細胞を元気にします。
ゴボウ根エキス 保湿力があり、血行を促進します。
セージ葉エキス 抗炎症作用・抗菌作用とともにアンチエイジングにも役立ちます。
サボンソウ葉エキスセイ 天然の洗浄・乳化成分です。
ヨウキズタ葉/茎エキス 抗炎症作用、抗菌作用を持ち、皮膚を柔らかくすることにより保湿作用もあります。

※★1個:非常に安全 ★5個:非常に危険  当サイトの判断基準により算定しています。

 

Zローションの各成分の効果や副作用の危険度を調べてみた結果、上記の通りとなりました。どうやら副作用が気になる成分は含まれていないようです。

 

肌に優しい成分だけを配合していますので、Zローションは敏感肌の人でも安心して使うことができそうですね。

 

また、ダイズやザクロをはじめとする濃いひげの原因となる5αリダクターゼを阻害するための成分がぎゅっと配合されていますので、頑固な髭にも確実な効果を期待できるでしょう。

 

理想の美肌を手に入れたい!そう思っているあなたには、このZローションは心強い味方になってくれると思いますよ!